犬や猫などペットたちのフードなどを紹介

犬と猫のあれこれペットショップ

犬と猫のしつけ

犬のトイレのしつけ方・トイレを成功させるポイント

更新日:

犬のトイレのしつけ方・トイレを成功させるポイント

犬を飼いはじめたら、一番最初のしつけといってもいいのが「トイレトレーニング」ですね。
犬のトイレとは、犬が自分で決められた場所にいってウンチとオシッコをすること。

今は犬を室内で飼うご家庭がほとんどだと思います。
だからこそシッカリとしつけたいのがトイレです。
そこで今回は犬のトイレのしつけ方とトイレを成功させるポイントについてご紹介します。

 

犬のトイレ、しつけ方の基本的な知識

犬のトイレのしつけ方・トイレを成功させるポイント

犬のトイレのしつけ方にはいる前に、基本的なトイレのしつけに役立つ基本的な知識をご紹介します。

 

いつからはじめる?トイレのしつけ時期

トイレのしつけは犬を飼いはじめた日からスタートするようにしてください。
人間と同じように犬にとっても排泄は大切です。そして当たり前ですが犬は動物ですので、しつけなければトイレは決まったところでするものだという考えはありません。

一度習慣になってしまうと犬だって人間と同じように、身についた習慣はなかなか変えることができません。
飼いはじめたときは、犬も新しい生活に慣れるために神経を集中している時期です。

このチャンスを逃さず「もっと家に慣れてからでも…」と思わずに、家に来たその日からトイレのしつけをはじめましょう。
トイレのしつけが失敗して困るのは人間のほうですからね。

 

トイレのしつけのトレーニング期間

1ヶ月くらいを目安にしてトイレをおぼえさせましょう。犬種や性格でも変わってくるものですが、おぼえの早い子は数日でトイレができるようになる場合もあります。

またブリーダーさんやペットショップですでにトイレのしつけをおこなっている場合もありますが、しっかりとトイレを習慣にするためにも飼い主さんの方でもトイレトレーニングをしておきましょう。

 

トイレをおぼえるまで根気強くつきあおう

犬にトイレをおぼえてほしいというのは私たち人間の都合であることをおぼえておきましょう。
そして飼い主さんが教えなければ、犬はペットシーツにトイレをしなければならないことを理解できないのです。

ですから犬にトイレをしつけるときはおぼえるまで根気強くつきあうつもりでおこないましょう。
トイレのしつけは、最初のしつけといってもいいくらい重要なものです。犬との信頼関係をつくっていくいい機会だとおもって楽しんでとりくんでください。

 

犬のトイレのしつけ方

犬のトイレのしつけ方・トイレを成功させるポイント

犬種や性格によってトイレのしつけ方はすこし変わるかもしれませんが、ここでは基本的なトイレのしつけ方をご紹介します。

 

ここれだけはそろえたい! トイレのしつけグッズ

・サークル(ケージ)
犬をお留守番させるときや寝るときに使います。
室内で犬を飼うときにはぜひそろえておきたいグッズです。

・ペットシーツ
犬用のトイレです。オシッコをゼリー状に固めたり排泄物の臭いをある程度吸収してくれます。
室内で飼うなら必ずそろえておきましょう。

・犬用トイレマット
ペットシーツを固定するためのマットです。
ペットシーツだけだと犬がトイレをするときに動いてしまって、しつけが上手にできません。
トイレマットも必ずそろえておきましょう。

 

しつけの手順

それではトイレのしつけ方の手順をご紹介します。

1.犬のようすを観察する
お部屋の中でもサークルの中でもどちらでもいいので自由に遊ばせながら犬の様子を観察します。
ソワソワしだしたり、床を臭いながらグルグル回りはじめたら、トイレのしつけのチャンスです。

2.犬をトイレにはこぶ
ソワソワしたり、床の臭いをかぎながらグルグル回る動きはトイレのサインになっている場合が多いです。犬のこんな行動に気がついたら、排泄のサインの可能性があるのですぐに犬をペットシーツの上におきましょう。
そしてペットシーツで排泄ができたらしっかりほめてあげましょう。

3.自分でトイレに行けるようにする
ペットシーツでトイレができるようになったら、今度は自分でペットシーツにいってトイレができるようにしてあげましょう。
ちゃんとできたときは、しっかりほめてあげてくださいね。

 

トイレを成功させるポイント

犬のトイレのしつけ方・トイレを成功させるポイント

トイレのしつけを成功させるために気をつけるべきポイントをいくつかご紹介します。

 

目をはなさないこと

もし目を話したすきに、自由に排泄させてしまうとそれが習慣化してしまう場合もあるので「目をはなさない」ことが大切です。

 

むやみに叱らないこと

粗相をしたからといって叱ってしまうと、犬は飼い主さんがかまってくれた! と思ってしまう場合がありトイレのしつけがむずかしくなってしまう恐れがあります。
粗相のお掃除は犬を無視して、たんたんとおこないましょう。

 

わかりやすい場所にトイレを設置すること

犬にとってわかりやすい場所にトイレを設置しましょう。
そしてできるだけトイレの周りにはモノをおかないようにして犬がトイレをしやすいようにしてあげてください。

 

関連記事 噛んじゃだめだよ。噛む犬のしつけ方

関連記事 むやみに吠えない犬にするしつけ方

関連記事 手遅れかも?でもあきらめない!成犬のしつけ

 

 

まとめ

犬のトイレのしつけ方・トイレを成功させるポイント

犬のトイレのしつけ方・トイレを成功させるポイントについてお話しました。
もし1ヶ月たってもトイレができない場合は犬のしつけ教室で専門のトレーナーさんに依頼するのも方法のひとつです。

家中好き勝手にトイレをされるのは飼い主さんにとってかなりのストレスになります。
そうなると飼い主も犬も両方不幸です。
しっかりとトイレをしつけてあげてくださいね。

-犬と猫のしつけ
-, ,

Copyright© 犬と猫のあれこれペットショップ , 2019 All Rights Reserved.