犬と猫のしつけ

ポメラニアンのお手、待て、おすわり!しつけを教えるコツとポイント

更新日:

ポメラニアンのお手、待て、おすわり!しつけを教えるコツとポイント

犬のアイドル的存在でとてもかわいいポメラニアン。ボワボワとした毛並みでほんとに癒されますよね。性格も明るく、元気いっぱいでいろいろなことにとても好奇心が旺盛です。

ついつい、かわいいがゆえに甘やかしてしまいがちですが、ポメラニアンもしっかりとしつけを教えてあげれば、定番のお手、待て、おすわりとしつけることができます!ぜひ、参考にしてみてくださいね〜

またポメラニアンにあったドッグフードについてはこちらもありますのでご参考ください。

こちらも
ポメラニアンに食べさせたい人気のドッグフード
ポメラニアンが餌を食べない!?食いつきが良い人気のドッグフード5選

ふわふわした毛並みにくりっとした目が可愛らしいポメラニアン。ポメラニアンは小型犬の中でもチワワに次いで人気のある犬種です。まるでぬいぐるみのような愛らしい姿のポメラニアンの仕草は犬好きの心を捉えて離し ...

続きを見る

 

ポメラニアンにお手、待て、おすわりのしつけを教える前に

ポメラニアンのお手、待て、おすわり!しつけを教えるコツとポイント

ポメラニアンにお手、待て、おすわりなどのしつけを教える前にまずはポメラニアンとはどんな犬種、性格なのかをちゃんと知っておきましょう。

性格や特徴を知っておくことで、しつけ意外にもポメラニアンと一緒に生活をしていく中できっと役にたちます。

では具体的なポメラニアンの性格についてご紹介します。

 

ポメラニアンの性格や特徴は

ポメラニアンは「元気いっぱい」「好奇心旺盛」な犬種です。人懐っこく、遊び好きな性格がかわいいですよね。飼い主や家族と一緒にいる事を喜び、飼い主や家族に対しては依存性の強い甘えん坊の面をみせますが、自立心に富むので留守番を苦手にしない一面もあります。

協調性があるので多頭飼いにも向いており、多くの犬に囲まれて犬を飼育したい人ポメラニアンに寄り添って生活したい方におすすめしやすい犬種です。

可愛らしい見た目とよく吠えるのは、すこし気が弱く、臆病な一面もあるからということもあるみたいです。ポメラニアンの起源は、牧羊犬である「ジャーマンスピッツ」ですから、警戒心が強く勇敢で気が強い性質があるのも納得ですね。

ポイント

  • 好奇心が強く活発
  • 甘えん坊
  • 臆病

 

犬のしつけ(お手、待て、おすわりなど)でやってはいけないこと

叩く

よく吠えたり、言うことを聞かなかったりすると、ついイライラして手が出てしまうことも、、、しかし、体罰は絶対にやめましょう。人間不信になったり、自分を守ろうとして噛みついてきたりするようになります。

自分のイライラは解消されるかもしれませんが、わんちゃんにとって良いことは何一つありません!

 

名前を呼んで叱る

こうすると「自分の名前=叱られる」と思ってしまい、名前を呼ばれても反応しなくなってしまいます。ときには叱ることも大事ですが、ちゃんと目を見て言い聞かせるように伝えてあげましょう。

 

ポメラニアンのお手、待て、おすわりのしつけのコツ

ほめて伸ばす

ポメラニアンは甘えん坊で飼い主の言う事を理解しようと努力する一面があるので、好ましい行動の後には褒めたり遊んであげたりしてくださいね。「褒めてもらえる!」「遊んでもらえる!」と理解すれば嬉しくなり、しつけの覚えも良くなりますよ。

 

遊び・運動不足を見直す

ポメラニアンは活発な犬種ですので、しっかりと運動、遊んであげることが大事です。退屈してストレスが溜まると興奮して、しつけをしても言うことを聞いてくれなくなってしまいます。

しつけやトレーニング、はじめはなかなかうまくいきません。しっかり運動させ、飼い主さんが遊んであげて、ポメラニアンの気持ちを満足させてあげるのが大切です。

 

生活環境を見直す

わんちゃんたちが困るような状況を作らないように生活環境を整えてあげることが大切です。粗相やイタズラをしてしまっても、愛犬に声をかけずに、冷静かつ速やかに後片付けしてあげてくださいね。

成犬になってしまうと、粗相やイタズラなどの困った行動は、なかなか直りにくいものなので、幼犬期にしっかりと覚えさせてあげることが大切です。とはいえ、成犬になっているから、とあきらめる必要はありません。根気よく練習を繰り返すことで愛犬は教えたことをしっかりと学習してくれるはずです。

 

ポメラニアンのお手、待て、おすわりのしつけ方法

成犬になるまで教えてこなくてあきらめている飼い主さんも子犬のときと同じ指導で覚えさせる事ができます。
食事を目の前に持ってきて、「おすわり」と指示してお尻を軽く押さえたり、「お手」と指示して手をとったりすることで教え、上手くできたら褒めながらご褒美を与えます。こうすることで少しずつ覚えることができるでしょう。

なかなか覚えないときにもあせらず続けてください。スキンシップの一環として遊び感覚で教えるといいでしょう。

それでは具体的なお手、待て、おすわりのしつけの方法をご紹介します。

ポメラニアンのお手、待て、おすわり!しつけを教えるコツとポイント

 

お手の手順

1.ポメラニアンが『僕と遊ぼ!』と、前足を上げる
2.飼い主は手を差し出し、手の平に前足を乗せる
3.ポメラニアンが前足を乗せた瞬間に、お手と発言してベタ褒めする

 

待ての手順

ポメラニアンのお手、待て、おすわり!しつけを教えるコツとポイント

1.ポメラニアンにおすわりのコマンドを出す
2.『待て』と発言して、おすわりとは違う手の動きを見せる

飼い主は待てと発言してから、手の動き以外では歩いたりしない

3.ポメラニアンが待ての姿勢で10秒程度経過したら、ベタ褒めする

 

おすわりの手順 しつけを日々の食事で行う

1.ポメラニアンのご飯をお皿に準備する
2.お皿を片手に持ち、ポメラニアンにご飯を見せつける
3.ポメラニアンの鼻先から真上にお皿を上げていく
4.ポメラニアンは上を見上げると共におすわりの姿勢を取る
5.おすわりの姿勢を取った瞬間に『おすわり』とハッキリと発言し、片方の空いてる手の平をポメラニアンに向ける

飼い主の発言と手の動きで、おすわりを覚えさせていく。

手の動きに関しては、〝手の平を向ける〝では無くても良い。

飼い主の好みで〝おすわりに対する手の動きはコレ〝だと区別が付くようにしておく。

6.おすわりが出来たことに対して褒める『良い子だね!良く出来ました!』と、ベタ褒めするぐらい褒めてナデナデした後にご飯を与える

 

まとめ

ポメラニアンは他の犬種に比べ注意深く警戒心が強く、吠え癖もつきやすい犬種です。最初はなかなかできず、動いたり、吠えたりすることもあると思います。しつけは1日、2日でできるようになるものではありません。

長い目でワンチャンとコミュケーションをとりながら、愛情もって接していれば、いずれ飼い主さんの意図をちゃんとくみ取ってくれます!ぜひとも、参考にしてみてくださいね。

 

そのほかのおすすめ記事はこちら
こちらも
ポメラニアンに食べさせたい人気のドッグフード
ポメラニアンが餌を食べない!?食いつきが良い人気のドッグフード5選

ふわふわした毛並みにくりっとした目が可愛らしいポメラニアン。ポメラニアンは小型犬の中でもチワワに次いで人気のある犬種です。まるでぬいぐるみのような愛らしい姿のポメラニアンの仕草は犬好きの心を捉えて離し ...

続きを見る

こちらも
犬を初めて飼う方へ!必ず知っておきたいしつけのポイントをお教えます

犬を初めて飼う方はウキウキした心とともに、うまくしつけが出来るかなと不安に感じておられる方も多いと思います。人間とのかかわりが多いペットの犬は、人間の子供と同じで、しつけをきちんとしなければいけません ...

続きを見る

こちらも
犬のトイレのしつけ方・トイレを成功させるポイント
犬のトイレのしつけ方・トイレを成功させるポイント

犬を飼いはじめたら、一番最初のしつけといってもいいのが「トイレトレーニング」ですね。 犬のトイレとは、犬が自分で決められた場所にいってウンチとオシッコをすること。 今は犬を室内で飼うご家庭がほとんどだ ...

続きを見る

こちらも
むやみに吠えない犬にするしつけ方
むやみに吠えない犬にするしつけ方

犬を飼っている人の悩みの上位に必ず上がってくるのが犬の吠えです。 散歩のときに他の犬に吠えたり、家ではインターフォンの音に吠えたり、家族がごはんを食べているときにずっと吠えていたりする犬もいます。 何 ...

続きを見る

 

-犬と猫のしつけ
-, ,

Copyright© 犬と猫のあれこれペットショップ , 2020 All Rights Reserved.