犬や猫などペットたちのフードなどを紹介

犬と猫のあれこれペットショップ

猫の病気

ここに注意!猫の病気のサインを見逃さないために飼い主が見るポイント

更新日:

ここに注意!猫の病気のサインを見逃さないために飼い主が見るポイント

大切な猫の病気のサインに気づくことは、病気の早期発見につながります。

猫の病気のサインを見逃さないためにも飼い主さんが注意しながら見るのがとても大事になります。

そのポイントを知っていれば、猫の体調の変化や病気を早期に発見することができます。
そこで飼い主さんに病気のサインをしってもらうために、今回は猫の病気のサインを見逃さないために飼い主が見るポイントをご紹介していきたいと思います。

 

病気のサイン? 猫が目をこする

ここに注意!猫の病気のサインを見逃さないために飼い主が見るポイント

猫が目をこすりはじめたら注意が必要です。
角膜炎や結膜炎などの目の病気のサインかもしれません。
人間の場合は目に異常があると、違和感があったり、異物が入ってしまうと涙が出たり、目が痛くなったりするものです。

でも猫の目は少しくらい異物が入ったりしても人間のように違和感を感じることが少ないようです。
これは猫の目の感覚が鈍いからといわれています。
だからこそ猫が目をこすりはじめたときは人間よりも重症化しているかもしれないと考えるべきでしょう。

 

病気のサイン? 猫の歩き方がおかしい

飼い主さんにとって、猫が部屋中を歩き回る姿は日常的な景色ですよね。
だからこそ、猫の歩き方がおかしいときはいち早く気づくことができるかもしれませんね。
歩き方がおかしいと、人間でも「どこか体の具合でも悪いのかな?」と心配になってしまいます。

猫もそうです。
猫の場合は脳の疾患や脊髄に関係する病気の可能性や骨折によるケガが考えられます。
猫の歩き方がおかしいと思ったらすぐに動物病院につれていくことをおすすめします。

 

病気のサイン? 猫が体をなめる

猫が体をなめるのは珍しいことではないのですが、その回数の多さが病気のサインになっている場合があるので注意が必要です。
猫が異常なほど体をなめるときは強いかゆみが考えられます。

ノミ・ダニやアレルギー性皮膚炎などが原因になっているかもしれません。
ノミ・ダニの場合は人間にも悪い影響がありますから、おかしいと思ったらすぐに動物病院で診察をうけましょう。

 

猫のアレルギーについてはこちらの記事を参考ください!
こちらも
猫のアレルギーや湿疹を学ぼう
猫のアレルギーや湿疹を学ぼう

猫がいつもよりも頻繁に体をなめていたり、皮膚が赤かったりしたらそれは皮膚病のサインかもしれません。 猫の皮膚病は様々なものがあります。 特にその中でもアレルギー性皮膚炎は猫がかかりやすく注意が必要な代 ...

続きを見る

 

病気のサイン? 猫のおしっこがでない

猫が1日以上、おしっこをしない場合も病気のサインと考えていいでしょう。
そして重大な病気の可能性がありますのですぐに動物病院に行くことをおすすめします。
考えられる原因としては尿道が詰まってしまう尿道閉塞や膀胱炎などがあります。

これらの病気は放おっておくと命に関わりますので、日頃からトイレのチェックやお掃除も欠かさないようにしましょう。
猫の病気は人間に比べて進行が早いといわれていますので特に注意が必要です。

 

病気のサイン? 猫の食欲がない

猫がごはんを食べない、もしくは食べる量にムラがあるときは病気のサインかもしれません。
人間にも元気がなくて食欲が出ないときはあります。

猫も同じように食欲がないときもありますが、それが何日も続くようなら何かの病気になっていることを疑いましょう。
もし1日何も食べようとしないのなら、動物病院で診てもらうことを強くおすすめします。

 

病気のサイン? 猫のセキ、くしゃみ、鼻水

セキ、くしゃみ、鼻水は人間でいえば風邪ですが、猫も風邪をひくことがあります。
でも猫の場合は重症化して命の危険をともなうときがあるようです。
猫のセキは人間のようなセキではなくて、モノを吐くときのような動作をします。

ですから飼い主さんは、その動作がセキなのか何かを吐く手前なのかの見分けがつくにくいという問題があります。
判断がつきにくい場合はスマホで動画を撮ってから動物病院に行って動画を見てもらうといいですね。

猫のセキの原因としてぜんそくが考えられます。
その他にも気管支炎や喉頭炎などが原因のセキもありますのでセキが続くようなら動物病院で診てもらいましょう。

 

病気のサイン? 猫の便秘

猫の体調不良はわかりにくいといわれています。だからこそ猫の排泄物が猫の健康チェックの大切な目印になります。
だから日頃からウンチの回数や量をチェックしておく必要があります。
チェックしておくと猫の便秘にもすぐに気づくことができますね。

さて猫の便秘ですが、運動不足や水分の不足などで便秘になることがありますが、腸に腫瘍があったり骨盤の異常でウンチが通りにくいなど命にかかわる病気の場合もあります。
ですから、何日か便秘が続くようであれば動物病院で診察を受けるようにしましょう。

 

猫のかかりやすい病気についてはこちらの記事をご参考ください!
こちらも
猫がかかりやすい病気のランキング
この病気には注意!子猫・大人猫・老猫がかかりやすい病気の種類を紹介

猫を買っていると生き物ですから病気にならないように気をつけますよね。 猫の健康管理に気を配ることは飼い主としての仕事なんですが、あらかじめ猫がかかりやすい病気を知っておくと、いざというときに慌てないで ...

続きを見る

 

まとめ

ここに注意!猫の病気のサインを見逃さないために飼い主が見るポイント

今回は猫の病気のサインについてご紹介しました。
猫の健康維持のためには日頃からのコミュニケーションや観察がとても大切だということがわかったのではないでしょうか。

猫は病気の進行が人間に比べてものすごく早いといわれています。だからこそ病気のサインを見つけて早期発見につなげなければならないのです。
でも、進行が早いかわりに、なおるのも早いといわれていますから、病気のサインには十分注意して猫との楽しい生活をおくってくださいね。

 

こちらも
初めて猫を飼う飼い主さんへ-猫をむかえる準備
初めて猫を飼う飼い主さんへ。【猫をむかえる準備編】

子猫、たまらなくカワイイですよね。 猫を飼うために外出したわけじゃないのに、ショッピングモールの中にあるペットショップにたまたま立ち寄って衝動的に子猫を飼うことになったけど、病気をする、遠出もできない ...

続きを見る

こちらも
初心者に飼いやすい猫の種類と特徴についてご紹介します!
初心者にも分かりやすく!飼いやすい猫の種類と特徴についてご紹介

犬と並んで、猫はペットとして長年人気の動物です。猫を飼いたいと思っている方は、実際どの種類の猫が飼いやすいのかなと考えているかもしれません。 この記事では、飼いやすい猫を選ぶポイントと初心者でも飼いや ...

続きを見る

 

-猫の病気
-, ,

Copyright© 犬と猫のあれこれペットショップ , 2019 All Rights Reserved.