犬や猫などペットたちのフードなどを紹介

犬と猫のあれこれペットショップ

猫の病気

猫の癌の手術について知っておこう!

更新日:

猫の癌の手術を知っておこう

猫の平均寿命は、年々伸び続けています。
医療の進歩や食事の内容がよくなったこと、そして何よりも飼い主さんの飼い方の知識が向上したことが猫の平均寿命が伸び続けている理由といえます。

でも、猫も生き物ですから老いていきます。
人間でも同じですが老いてくると体の免疫機能がだんだんと落ちてきて、今までなら発症しなかった病気にかかりはじめることがあります。

その病気のひとつが『癌』です。
癌は老いた猫がかかる病気の上位に名前があがるほど注意しなければならない疾患になってしまっています。

癌になれば、抗がん剤治療や放射線治療、そして癌細胞を直接取り除くために手術が行われます。
猫にたいして、いろいろな治療法がありますが今回は癌の手術について紹介したいと思います。

 

猫の癌のとは

猫の癌の手術を知っておこう

猫たちの細胞は毎日自分の分身を作るように、細胞分裂を繰り返しながら成長しています。
成長はしていますが、細胞の中に入っている遺伝子が正常に働くことで必要以上に細胞分をしないように管理されています。

しかしまれに、細胞分裂を無秩序に繰り返して自分の細胞を爆発的に増やそうとする細胞が生まれます。
この細胞が増殖したものが腫瘍といい、ほかの何の問題もない臓器に転移して転移した先で無秩序に細胞分裂を繰り返します。
そして最悪の場合、猫を死に追いやってしまうことがあります。

 

猫の癌の種類

猫の癌

癌には悪性腫瘍と良性腫瘍の2種類があります。
悪性腫瘍は増殖するスピードが早く、あっという間に増えていくのと同時に、転移して転移した先でも増殖していきます。
良性腫瘍は悪性腫瘍のようなスピードで増えることはなく転移もしません。

 

猫の腫瘍

猫の腫瘍だけではなく一般的に腫瘍には2種類あり、どちらも悪性腫瘍です。
しかし、良性腫瘍でも発生した場所によっては他の細胞を圧迫したり、痛みが出てきたりする場合がありますのでしこりを見つけたときは動物病院で診察を受けるようにしましょう。

・癌
上皮にできる悪性腫瘍のことを癌といいます。
上皮は、体の表面を覆っている皮膚、そして内蔵の粘膜のことなどを意味します。

・肉腫
上皮以外にできる悪性腫瘍のことを肉腫といいます。
上皮以外は非上皮といい、骨や血管、筋肉、そしてリンパ系のことを意味します。

こちらも
猫の癌のこと。健康のためのキャットフードを選ぶポイント
猫の癌のこと。健康のためのキャットフードを選ぶポイント

元気に食べて遊んでいる猫を見ているとこれからも元気でいてほしいと願うのが飼い主さんです。 でも猫も生き物ですから病気にもなります。 そして猫も人間と同じように癌になることだってあります。 そこで今回は ...

続きを見る

 

猫の癌の手術(治療)

癌が発生する原因は外的要因と内的要因があるとされています。

・外的要因
癌が発生する外的要因としては、いろいろな化学物質、例えば食品添加物や排気ガスなどの他、放射線や紫外線、そしてウイルスによるものなどがあります。

・内的要因
癌が発生する内的な要因として考えられているのは、親からの遺伝、性別、高齢、猫の品種などがあります。

 

猫の診断の内容

癌の診断内容は、発生した体の場所にもよって診断の内容が変わってきますが、体にできた癌細胞を細い針のような道具をつかって採取して調べたり、手術で悪い組織を採取して病理検査を行うことで診断します。

また、もし悪性だった場合も考えて血液検査やレントゲンやMRIなどの検査を並行して行って総合的に判断するのが一般的な癌の診断です。
猫の診断の話ですが人間とあまり変りませんね。

 

猫の癌の治療方法

癌の治療方法です。
良性腫瘍の場合は腫瘍だけを外科的な手術で摘出すれば完治に期待できます。
悪性腫瘍の場合は悪い部分だけを切除しても転移の可能性もあります。

また腫瘍の種類によって使われる治療法も変わってきます。
外科的な手術の他に、放射線治療、抗がん剤をつかった化学療法などがあります。
それぞれの治療が単体で行われる場合もあれば、組み合わせて治療を行う場合もあります。

癌の治療は体に大きな負担をかけます。
治療方針は獣医師とよく相談をしたうえで飼い主さんが納得する方法を選びましょう。

 

猫の癌の治療費

動物病院によって、5万円〜30万円ぐらい、高いと50万円ぐらいとかなり幅があります。もちろん、治療方法や通院回数、入院日数によって変化しますので、セカンドオピニオンとして他の動物病院に行かれることもよいかと思います。

あとはペット保険などもありますのでそちらに入っておくことも大事かもしれませんね。

【ペット保険はこちら】

ペット保険 資料請求

【ペット保険はこちら】

ペット保険の一括資料請求【無料】

 

 

まとめ

猫の癌の手術を知っておこう

癌は早期発見がとても重要になります。
皮膚にできた腫瘍ならブラッシングやシャンプーのときに気がつくことができます。

一方、内蔵など内部にできた腫瘍は日常の生活の中ではなかなか発見することができませんので、体重の減少や食欲不振、そして元気がないなど、わずかな変化を見逃さないようにしてあげることが、大切な猫の生死をわけるポイントになってきます。

こちらも
猫がかかりやすい病気のランキング
この病気には注意!子猫・大人猫・老猫がかかりやすい病気の種類を紹介

猫を買っていると生き物ですから病気にならないように気をつけますよね。 猫の健康管理に気を配ることは飼い主としての仕事なんですが、あらかじめ猫がかかりやすい病気を知っておくと、いざというときに慌てないで ...

続きを見る

-猫の病気
-, ,

Copyright© 犬と猫のあれこれペットショップ , 2019 All Rights Reserved.