ペットの知識 ペット用品 犬と猫のしつけ

猫のダイエットを成功させるオススメなおやつ5選

投稿日:

猫のダイエットを成功させるオススメなおやつ5選

今回は猫のダイエットを成功させるおすすめなおやつをご紹介したいと思います。

子猫時代は動きまわり運動をすることで脂肪を燃焼させ、肥満になる猫は少ないですが、歳をとるにつれてあまり動かず、運動をしなくなります。そして食事やおやつをいっぱい食べて1日の摂取カロリーがあがればどしても肥満になりがちです。このようなことから猫はもともとが太りやすい動物なので飼い主さんはしっかりと気をつけていきたいですね。

また人も猫も肥満になれば病気にもかかりやすくなってしまいます。愛猫を健康で長生きしてもらうためにもしっかりとした体重管理、少し大きくなってきたら、ダイエットも考えていきたいですね。

子猫なら動きまわりよく運動をしてくれるのでそのままでもよいですが、歳をとった猫はなかなか動かず、犬のように外で簡単に散歩も難しいです。そこで大事なのが食事管理です。いきなりキャットフードを減らしたり、変えてみたりすると食べなくなったり、猫にストレスを与えてしまったりしてしまいます。

まずはおやつをダイエットに適したものに変更してあげるなど、猫のストレスを少なくしてダイエットを進めていくのが負担も少なく効果的です。

猫にも長生きをしてもらうためにも無理なくダイエットをうながし、健康的な体になるように心がけていきましょう。

 

猫のダイエットを成功させるポイント

猫は室内で飼う動物になり、犬のように外でお散歩する方は少ないでしょう。猫はあまり動かない性質がありますので、肥満にもなりやすいです。

ではどのようにすれば猫のダイエットを成功させることができのかポイントをご紹介します。

 

ポイント1 食事を少し変えてみる

猫が肥満ぎみになってきたら、いつもあげているキャットフードの量を少しだけ減らす(5〜10%)ことで体重が減り、肥満の解消につながります。あまり量を減らしすぎると猫にとってもストレスとなるので、少しの量からはじめていきましょう。

またキャットフードもローカロリーのものに変更してみるのも良いかと思います。ただ急にフードを変えると食べなくなることもあるので注意してください。

 

ポイント2 おやつをダイエットに適したもの変えてみる

しつけやご褒美におやつをあげる飼い主さんも多いかと思います。おやつをあげること自体はしつけを覚えさせたり、コミュニケーションの一つのツールとして効果的ですのでおやつをやめてしまうより、あげているおやつをダイエットに適したものに変えてみるのがおすすめです。

こちらについてはあとでダイエットに適した猫におすすめのおやつをご紹介します。

 

ポイント3 運動量をあげて筋肉量を増やす

たまった脂肪を燃焼させるためにはやはり運動が一番です。なかなか動かない猫にもおやつなどをうまく使って運動をうながしていきましょう。いつもよりよく遊んであげることで運動をさせ、ダイエットをしていきましょう。

 

猫におすすめなダイエットおやつの選び方

ダイエットのためにおやつをやめてしまう飼い主さんがいますが、あまりおすすめできません。おやつは猫にとってご褒美の楽しみでもあります。

おやつをうまく使うことでしつけを覚えさせたり、コミュニケーションになったり、またダイエット、運動へのご褒美として使うことができます。ですので、おやつをうまく使いつつ、ダイエットをしていければ猫にとってもストレスなくダイエットをすることができるのです。

しかしおやつだからといってなんでも良いわけではなく、しっかりとダイエットを意識したおやつをあげることが大切です。それではどのようなおやつを選べば良いか、ご紹介します。

 

カロリーの低さで選ぶ

ちゃんとカロリー表示を確認して低カロリーなおやつを選びましょう。1日の摂取カロリーを超えてしまうと肥満につながります。おやつは1日の摂取カロリーの20%ぐらいを目安にするとよいと言われております。

ですので1日に必要なカロリーが190kcalぐらいだとしたら、おやつの目安は38kcalぐらいになりますので、できれば猫の年齢、体重から1日に必要なカロリーを計算しておやつを選ぶことをおすすめします。

 

猫の好物の素材で加工されたものが安全

パッケージの原材料を確認してなるべく添加物の入っていない、シンプルなものを選ぶことをおすすめします。猫のダイエットだけでなく健康を考えると添加物があまり入っていないものが好ましいです。

そして猫のおやつはささみやお魚などの素材をそのまま使ったような素材に近い加工が施されたものが安全で安心して与えることができます。

 

おやつはしつけのときに使うのがベター

意味なくおやつはあげることはオススメできません。おやつはしつけやご褒美のときに使うのがベターです。

猫に覚えてほしいことがある場合、おやつを関連づけてあげてトレーニングをするとしつけの覚えも早いです。またキャリーに入りたがらない猫の場合はキャリーの中でおやつをあげるとキャリー の中が好きになったりしますよ。

 

猫におすすめなおやつ

CIAO(チャオ)ちゅ~る

マグロが主原料でスティック状のパッケージに入った液状のおやつです。猫の食いつきもいいのでしつけやご褒美として有効活用するといいでしょう。
一食ごとにパックされているので猫とお出かけする時にも持って行きやすいタイプです。

 

ねこぴゅーれ

無呼吸では無添加にこだわって作られている液状タイプの猫用おやつです。

保存料や着色料などが不使用で猫が消化をするのが苦手とされているグルテンも使用されてきませんので安心して食べさせることができます。
鶏のささみ、カツオ、マグロの3種類が用意されています。

 

国産ぽんせん

ペット専用の駄菓子です。
魚沼産コシヒカリを香ばしく焼き上げた食感が猫にも大人気です。
そのまま与えるのもいいですし、キャットフードに少し混ぜてあげるのもいいと思います。

また、お米がベースなのでお湯でふやかして与えるのもいいでしょう。
ノンオイルで焼き上げているのでダイエットのお菓子としてもオススメです。

 

国産ハーブで育った鶏ささみのジャーキー

原料が食物性中心の飼料で育った九州産の鶏のささみジャーキーです。
もともとささみは低カロリー・低脂肪のお肉なのでジャーキーとして猫のおやつに与えても安心です。
またこのおやつは着色料や保存料を使用していない無添加のジャーキーです。

 

ママクックフリーズドライのササミ

国内産の鶏のささみを使用したフリーズドライのおやつです。
独自の製法で栄養や旨味をギュッと閉じ込めています。

原材料は鶏のささみだけを使っていて、保存料なども使っていないので猫に安心して与えることができます。

もともと低カロリーのささみですから、ダイエットを気にしている猫にもピッタリのおやつといえますね。

 

まとめ

猫のダイエットを成功させるオススメなおやつ5選

今回は猫のダイエットにもオススメなおやつをご紹介しました。
ダイエットを気にしている猫ならやはり低カロリーのささみを中心としたおやつがオススメです。

またその他のポイントとしては添加物や粗悪な原材料を使用していないかどうかというのがポイントになります。

本来、キャットフードをしっかり与え、健康的な猫であればおやつを与える必要もないかもしれません。ダイエットを気にしているということは、キャットフードを与える量や他に色々な間食を与えすぎている、そして運動不足などさまざまな原因が考えられます。一番は愛猫が健康で長く生きてもらうためのことなので、そのことは忘れないようにしましょう。

-ペットの知識, ペット用品, 犬と猫のしつけ
-, ,

Copyright© 犬と猫のあれこれペットショップ , 2020 All Rights Reserved.