犬や猫などペットたちのフードなどを紹介

犬と猫のあれこれペットショップ

犬と猫のしつけ

子犬のしつけはいつから?最初になにを教える?

更新日:

子犬のしつけはいつから?最初になにを教える?

はじめて家に子犬をむかえたときは、うれしさもありますが元気な子犬に振り回されて戸惑うことも多いと思います。
そして子犬も立派な家族ですから、ペットとしてかわいがるだけでなく人間と共同生活ができるように、しっかりとしつけもしていかないといけませんよね。

でも特にはじめて子犬を家に迎えたご家庭は、いつから子犬にしつけをはじめたらいいのかと考えている飼い主さんも多いはず。
そこで今回は子犬のしつけのタイミングや最初に教えるしつけについてご紹介したいと思います。

 

子犬のしつけはいつから?

子犬のしつけはいつから?最初になにを教える?

犬にもいろいろな犬種や性格、体の大きさなどがあるので子犬のしつけのスタート時期も変わってくると思っている人も多いと思います。
それでは、子犬のしつけはいつからスタートしたらいいのかお話していきましょう。

 

子犬のしつけは家にきた日から

子犬が人と暮らしはじめるときの月齢で一番多いのが生後2~3ヶ月くらいです。
その頃の子犬はまだまだ動きがぎこちなかったりして、しつけにはちょっと早いかなと思ってしまいがちです。

でも、実はしつけは犬を家に迎え入れたその日からがスタートなんです。
たしかに生まれてから2~3ヶ月は人間の赤ちゃんでなら何もできない状態といってもいいですが人間の生後2~3ヶ月を犬に換算すると3~5才に相当するといわれています。

それに犬は人間に比べて成長のスピードが早いですから、あっという間に大人になってしまいます。そう考えると基本的なしつけは、今すぐにでもはじめておくべきだということがわかりますよね。

 

子犬のしつけのルール

子犬をしつけるときに、家族でルールを決めておきましょう。
そのルールとは『しつけの内容は家族みんな同じにすること』です。家族がバラバラにちがう内容をしつけたりすると子犬は混乱して、いつまでたってもおぼえてくれません。
だから必ず家族全員で話し合って、しつけの内容を同じにするように決めておきましょう。

 

子犬のしつけは最初になにを教える?

それでは子犬には最初になにを教えたらいいのか、大事なしつけを8つご紹介します。

 

トイレトレーニング

トイレトレーニングは絶対に必要です。特に今は室内で犬を飼うことが多いですから、トイレの場所を教えることは犬と人間、お互いのためにも大切です。
トイレトレーニングは犬のしつけの中でも根気がいるトレーニングですが根気強く教えれば、ちゃんとおぼえてくれるので、しっかりとしつけていきましょう。

こちらも
犬のトイレのしつけ方・トイレを成功させるポイント
犬のトイレのしつけ方・トイレを成功させるポイント

犬を飼いはじめたら、一番最初のしつけといってもいいのが「トイレトレーニング」ですね。 犬のトイレとは、犬が自分で決められた場所にいってウンチとオシッコをすること。 今は犬を室内で飼うご家庭がほとんどだ ...

続きを見る

 

呼び戻しトレーニング

「マテ」「オイデ」を呼び戻しトレーニングといいます。
マテもオイデもできるようになるととても便利です。室内でも必要なときに使えますし、ドッグランのときにもマテやオイデができると楽しいですよ。犬との信頼関係をつくりながらしつけてあげてください。

 

ハウストレーニング

ハウストレーニングは室内で犬を飼うときに便利です。
犬に「ハウス」と言うとゲージでも犬用のキャリーバッグにも入ってくれるので、必ずしつけておきましょう。

 

オスワリ・フセのトレーニング

「オスワリ」や「フセ」は、基本のトレーニングですね。
犬を待たせておくときや興奮を落ち着かせるときなどに便利です。

 

噛み癖トレーニング

噛み癖のしつけトレーニングも大切です。
基本的に犬は噛むのが好きな動物ですから、放おっておくと家のあらゆるところを噛みますし、噛み癖のしつけをしておかないと人やよその犬を噛んでトラブルになってしまいます。
必ずしつけるようにしましょう。

こちらも
子犬の噛み癖のしつけとおもちゃはどれがいい?
子犬の噛み癖のしつけとおもちゃの上手な使い方

犬は基本的に噛むのが普通です。でも人間と共存していくためには噛み癖は子犬のうちにしつけなければいけません。 噛み癖をしつけないままに大きくなったとき大きなトラブルを起こす可能性だってあります。 そんな ...

続きを見る

 

ハナセ・チョウダイのトレーニング

「ハナセ」や「チョウダイ」は、犬が何かをくわえて放さないときに便利です。
口に入れたら危険なものの場合も「ハナセ」や「チョウダイ」が役立ちます。

 

アイコンタクトトレーニング

アイコンタクトトレーニングは、飼い主さんの眼を見ることをおぼえさせるトレーニングです。
子犬のときから、他のしつけをするときにしっかりと飼い主さんの眼をみて指示を聞くというクセをつけあげてください。犬との信頼関係づくりの基本のひとつです。

 

おとなしくするトレーニング

ブラッシングするとき、シャンプーをしているとき、爪切りをしているとき、犬がじっとしていないとできないことがけっこうあります。
おとなしくするしつけも、おぼえさせると便利なのでしつけておきましょう。

 

まとめ

子犬のしつけはいつから?最初になにを教える?

8つのしつけ、いかがでしたか?
むずかしそうに感じた、しつけトレーニングがあったかもしれませんが、子犬との信頼関係をつくるためのコミュニケーションのひとつだと思って根気強く取り組んでみてください。

今までできなかったことができるようになったり、飼い主さんの一声で犬が指示通りに動いてくれたときは、本当にうれしいものですよ。

 

こちらも
自宅で楽しく!子犬のシャンプーのやり方
自宅で楽しく!子犬のシャンプーのやり方

子犬も生き物である限り体を清潔にしてあげないと病気の原因になってしまいます。 でも子犬のシャンプーなんてどうしたらいいのか迷いますよね。 そこで今回は子犬のシャンプーのやり方についてご紹介してみたいと ...

続きを見る

こちらも
むやみに吠えない犬にするしつけ方
むやみに吠えない犬にするしつけ方

犬を飼っている人の悩みの上位に必ず上がってくるのが犬の吠えです。 散歩のときに他の犬に吠えたり、家ではインターフォンの音に吠えたり、家族がごはんを食べているときにずっと吠えていたりする犬もいます。 何 ...

続きを見る

こちらも
犬の散歩で飼い主さんが気をつけることとは?
犬の散歩で飼い主さんが気をつけることとは?

愛犬と一緒にいく散歩は、犬との絆も深めることができてとても楽しいものです。 犬にとっての散歩は社会性を育てる機会であると同時に健康維持のために基本的には毎日おこなうことが望ましい運動です。 でも仔犬や ...

続きを見る

 

-犬と猫のしつけ
-, ,

Copyright© 犬と猫のあれこれペットショップ , 2019 All Rights Reserved.