ペットの知識 犬と猫のしつけ

子犬が噛むときの理由や気持ちとは?効果的な直し方やしつけ方法

投稿日:

子犬が噛むときの理由や気持ちとは?効果的な直し方やしつけの方法をご紹介

子犬を飼い始めるとまず困ってしまうのが無駄吠えや噛み付いたりするなどの問題行動です。

そんな問題行動に困っている飼い主さんは多いのではないでしょうか。
でも無駄吠えや噛み付いたりするには意味があります。意味のない行動をする子犬はいません。
かならずそこには子犬なりの意味がかくれています。

そこで今回は子犬の噛むときの理由や気持ちと効果的な直し方やしつけの方法などをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

子犬が噛むときの理由や気持ちを知っておこう

子犬が噛むときの理由や気持ちとは?効果的な直し方やしつけの方法をご紹介

子犬が噛む気持ち、理由は何だと思いますか?
その理由はいくつかありますが代表的なものとして5つあります。

メモ

  • 歯の生え変わりで歯茎がムズムズするから
  • 好奇心で何でも口に入れて感触を知りたいから
  • 注意を引いて遊んでもらおうとしている
  • 噛んでいいものと悪いものの区別がついていないから
  • 噛むと相手にしてくれると勘違いしているから

あなたの子犬にも思い当たるところはありませんか?

 

子犬の噛みグセの直し方やしつけの方法

子犬の噛みグセの直し方やしつけの方法をパターン別にご紹介していきます。

ぜひご参考にしてみてください。

 

歯の生え変わりが理由で噛むときの直し方

歯の生え変わりのときは口の中の違和感を感じたり、むずむずして何かを噛みたくなっています。そんなときは子犬に噛んでも大丈夫な丈夫なおもちゃを与えてあげましょう。そのおもちゃを使って子犬と遊んであげることで子犬が噛んでもいいおもちゃに興味をもつようになります。

遊んであげるときはおもちゃをあたえっぱなしにしないで、飼い主さんが主導権をしっかりともったうえで遊んであげましょう。
そして遊びの時間も飼い主さんが決めること。
それからペットショップには噛むことを前提としたおもちゃが販売されていますので、飲み込んだりできないサイズのおもちゃを選ぶようにしましょう。

 

子犬用噛むおもちゃ

 

何でも口に入れて噛むときの直し方

これも歯の生え変わりの噛みグセと同じなおし方で大丈夫です。
必ず遊んであげるときは飼い主さんが主導権をもつこと、そして飲み込んだりできないサイズのおもちゃを選ぶことを忘れないようにしましょう。

 

注意を引くために噛むときの直し方

子犬に
「おとなしくしているといいことがある」
「噛まないといいことがある」
と思わせることができれば注意を引くために子犬が噛むことはなくなります。

ですから、噛んでいるときは無視をしたり、いっしょに遊んでいる最中でも途中でやめてしばらく無視すること。
それから名前で叱らないことも大切です。

 

手や足に噛みついてくるときの直し方

子犬と遊ぶときは、自分の手や足をおもちゃ代わりにしないことです。
かならず噛んでも大丈夫なおもちゃを使って子犬と遊ぶようにしましょう。

また、もし飼い主さんの手や足を噛んだ場合は、遊びを中断してしばらくの間、子犬を無視しましょう。
そうすることで子犬は、人の手足を噛むと楽しいことがなくなってしまうと思うようになり、人の手足を噛まなくなります。

 

噛めば遊んでくれると勘違いしているときの直し方

子犬が飼い主さんを噛んでしまったとき、飼い主さんは子犬を一生懸命叱っているつもりなのに子犬は、飼い主が遊んでくれていると勘違いすることがあります。
勘違いした子犬は遊んでほしいときに飼い主さんを噛むようになります。
ですからこの場合は、噛んだら低く大きな声で「痛い」と言うこと。

そして遊んでほしいから噛んでいるので、しばらくの間完全に無視すること。このとき注意しなければならないポイントとして名前で叱らないことです。
子犬の名前で叱ってしまうと、普段名前を呼ぶときに子犬が叱られていると思ってしまう場合があるからです。注意しましょう。

 

まとめ

子犬が噛むときの理由や気持ちとは?効果的な直し方やしつけの方法をご紹介

子犬が噛むときの気持ちや直し方はいかがでしたか?
どんな子犬でも問題行動には必ず理由があります。
特に噛んだりするクセは子犬に社会性が身についていないからです。

本当なら親犬や子犬の兄弟たちとの交流のなかで、噛んだら痛いことを学び、甘噛みも身につけるのですが生後1ヶ月から3ヶ月の間にペットショップで陳列されてしまうため大切な社会性が身に着けられないのです。

これはもう仕方が無いことなので、飼い主さんが責任をもってしっかりと子犬に社会性を身につけてあげるようにしてくださいね。

 

そのほかのおすすめの記事はこちら
こちらも
なぜ? どうして? ゲージを噛む子犬の原因と対策
なぜ?どうして?ゲージを噛む子犬の原因と対策

子犬はカワイイです。 どんないたずらをしても許してあげたくなりますよね。 でもゲージは長く使っていくので噛まれるのは困ります。 でも、なぜ? どうして? 子犬はゲージを噛むのでしょうか? その原因や対 ...

続きを見る

こちらも
子犬のドックフード嫌いを直す方法
意外と知らない!?子犬のドックフード嫌いの原因と対処法をご紹介

子犬にも好き嫌いがあります。 今あたえているドッグフードにどれだけ栄養があっていいものであっても、好き嫌いをする子犬には関係ありません。 人間の子どもの好き嫌いも困りものですが、子犬の好き嫌いも困って ...

続きを見る

こちらも
子犬の噛み癖のしつけとおもちゃはどれがいい?
子犬の噛み癖のしつけとおもちゃの上手な使い方

犬は基本的に噛むのが普通です。でも人間と共存していくためには噛み癖は子犬のうちにしつけなければいけません。 噛み癖をしつけないままに大きくなったとき大きなトラブルを起こす可能性だってあります。 そんな ...

続きを見る

こちらも
自宅で楽しく!子犬のシャンプーのやり方
自宅で楽しく!子犬のシャンプーのやり方

子犬も生き物である限り体を清潔にしてあげないと病気の原因になってしまいます。 でも子犬のシャンプーなんてどうしたらいいのか迷いますよね。 そこで今回は子犬のシャンプーのやり方についてご紹介してみたいと ...

続きを見る

こちらも
犬を初めて飼う方へ!必ず知っておきたいしつけのポイントをお教えます

犬を初めて飼う方はウキウキした心とともに、うまくしつけが出来るかなと不安に感じておられる方も多いと思います。人間とのかかわりが多いペットの犬は、人間の子供と同じで、しつけをきちんとしなければいけません ...

続きを見る

 

-ペットの知識, 犬と猫のしつけ
-, , , ,

Copyright© 犬と猫のあれこれペットショップ , 2020 All Rights Reserved.