犬や猫などペットたちのフードなどを紹介

犬と猫のあれこれペットショップ

犬の病気

見逃さないで。犬が発する病気のサイン

更新日:

見逃さないで。犬が発する病気のサイン

いつもと変わらず元気な愛犬を見ているとこちらも元気をもらえますね。
でも具合が悪くてもなかなか愛犬の変化に気づけなくて自分を責めてしまう飼い主さんも多いことでしょう。
そこで今回は犬たちが日ごろから発している病気のサインについてご紹介したいと思います。

 

病気のサイン ~ 咳 ~

犬が、「ケホケホ」、「ゼイゼイ」、「ヒューヒュー」など咳をしているのに気づいたら病気のサインです。犬の咳で注意しなければいけないのが寄生虫が原因でおこる咳です。
フィラリアに代表されるように寄生虫由来の病気はとても恐ろしい病気です。
また心臓に関係する病気の場合も咳をすることがあるので、いつもは咳をしない犬が咳をしはじめたら動物病院で診察を受けましょう。

 

病気のサイン ~ 吐く ~

犬にとって吐くのは日常です。犬が吐くのをみて驚く飼い主さんも多いと思いますがあまり心配しなくても大丈夫だと言われています。
でも吐いたものに血が混じっていた場合やいつもより元気がないという場合は何かの誤飲か胃腸の炎症かもしれませんので動物病院で診察を受けることをオススメします。

 

病気のサイン ~ 下痢 ~

下痢は病気のサインとしてはわかりやすいですよね。
下痢の原因はさまざまです。食べ物や気候の変化の場合もありますしストレスや何かの病気の初期症状かもしれません。
ですから下痢の前と後の犬の様子、たとえばいつもと比べて元気がないといった違いがないか注意してみてあげましょう。
下痢の色が赤色や黒色だった場合は便を持ってスグに動物病院へつれていきましょう。

 

病気のサイン ~ 水を大量に飲む ~

犬は運動をしたときなどに大量に水を飲むことがありまが、普通の状態でも水を大量に飲んでいることに気がついたら内臓の異常を疑ってみてください。
ただし犬は上手に水を飲むことができないので器からたくさん水をこぼしている場合もあります。
ですから飲んだ水の量を注意深く観察してみて、犬の行動にも変化がなかったかを確認してから動物病院へつれていきましょう。

 

病気のサイン ~ 食欲不振 ~

犬はごはんの時間が大好き。自分でダイエットしている犬なんて聞いたことないですよね。
だからこそ食欲不振にはスグに気つくことができます。
もし何日もごはんを食べない日が続くようだったら動物病院の先生に相談してみてください。
食欲不振は体調不良のサインです。

 

病気のサイン ~ 過食 ~

ごはんを食べないのも心配ですが、ごはんを食べすぎるのも心配です。
いつもより食べすぎるのも病気のサイン。ふだんよりもあきらかに食べすぎている、もっとごはんを欲しがることに気がついたときは動物病院で診察を受けてみてください。

 

病気のサイン ~ 元気がない ~

いつも元気だった犬がグッタリしている。一日中ダラダラしている。散歩に行きたがらない。
犬のこんな行動に気がついたら注意してあげてください。
もちろん散歩から帰ってきた後やただ眠いだけということもあるかもしれませんが、今までの行動とはちがうと感じたらそれは病気のサインかもしれません。

 

病気のサイン ~ 歯茎の色がいつもとちがう ~

犬種にもよりますが犬の歯茎はピンク色です。でも犬の歯茎が赤く腫れていたり、黄色や茶色に変色していたりしたときは歯周病など口の中に異変があるかもしれません。
それから口臭がひどいときも口の中や胃腸の病気かもしれません。
病気のサインを見逃さないようにしてくださいね。

 

病気のサイン ~ 発熱 ~

犬の平熱は37.5~39.2度。人間の平熱が36.5~37度ですから犬の平熱は人間よりも少し高いです。
でも犬の平熱は37.5~39.2度はあくまでも平均値なので愛犬の平熱は定期的に自分で測って把握しておく必要があります。
そうしないと犬の発熱に気づくことができません。

ですから犬専用の体温計もそろえておきましょう。
それから別の病気などで動物病院にいったときにでも、何度だったら病気のサインになるのか先生に聞いてみるのもオススメです。

 

関連記事 愛犬のために知っておきたいかかりやすい病気ランキング

関連記事 犬にもあるアレルギーの症状や予防のお話

 

まとめ

見逃さないで。犬が発する病気のサイン

愛犬の病気のサインを見逃さないためにも、愛犬に愛情をもって接してあげてください。
愛犬は体の調子がわるくなっても自分で病院に行くことはできません。
頼れるのは飼い主さんだけなのです。だからこそ愛犬の普段の行動をよく把握しておくこと。
そうすればいつもとちがう行動をしても病気のサインを見逃すことがなくなりますね。

-犬の病気
-, ,

Copyright© 犬と猫のあれこれペットショップ , 2019 All Rights Reserved.