ペットフード

フレンチブルドッグにあった餌の量と人気でおすすめのドッグフードとは

投稿日:

フレンチブルドッグにあった餌の量と人気でおすすめのドッグフードとは

どことなくその体型と体つきから丈夫で健康なイメージがあるフレンチブルドッグですが、お腹壊したりすることも多いデリケートな犬なんです。
他の犬種よりもお腹が弱いことが多かったり、太りやすいフレンチブルドッグは餌の量やドッグフードの種類について慎重に選ぶ必要があります。

このような特徴や性格を押さえておけばフレンチブルドッグにぴったりのドッグフードを選ぶことも楽になりますね。

そこで今回はフレンチブルドッグにあった餌の量と人気でおすすめのドッグフードを3つご紹介していきたいと思います。
今飼っているフレンチブルドッグが健康で長生きできるように、今回の記事を参考にしていただけたら嬉しいです。

 

フレンチブルドッグにあった餌の量とは

フレンチブルドッグの性格や特徴とは

フレンチブルドッグは体高28cm、体重10 kg 前後の中型犬です。ずんぐりとした体型ですが思った以上に活発な犬種です。

そして性格は明るくて人懐っこく、飼い主さんや家族にも優しいとても飼いやすい犬です。運動量も比較的多い犬種なので十分な散歩をしてあげることが必要です。

パグなどと同じように鼻が短い犬種なので、気道が狭く気管支が弱いため太り過ぎは呼吸困難を引き起こす可能性があります。
特にフレンチブルドッグは太りやすい体質なので食事管理をしっかり行う必要があるのでドッグフード選びも慎重に選んであげる必要があります。

 

フレンチブルドッグの餌の量と回数は

上でお話したとおり、フレンチブルドッグは太りやすい体質なので食事管理を注意していく必要がある犬種です。一般的に言われていることは幼犬から成犬で食べる量が少し変わってきます。餌の回数は生後4ヶ月ごろまでは1日3〜4回程度でお湯やミルクなどでふやかして食べさせます。その後はだんだんと硬くしていきつつ、回数も2〜3回程度にしていき、最終的には餌の回数は2回で良いと言われています。もちろんその日の体調などに合わせて変えてみてください。

また量についてはドッグフードのパッケージに記載されている量で問題ありませんが、目安としては体重の2.5%が適量と言われています。カロリーでいうと1kgあたり50〜110カロリーを目安にするといいと言われています。

フレンチブルドッグにあった餌の量と人気でおすすめのドッグフードとは

 

フレンチブルドッグは消化不良に注意

フレンチブルドッグはお腹が弱いと先ほどお話ししましたが、この他にも消化不良を起こしやすい特徴があります。なぜ消化不良を起こしやすいかというと鼻が短い犬は消化器官も非常に短いため食べたものを吐きやすいんです。

だからドッグフードもフレンチブルドッグの特徴に合わせたお腹を壊しにくく消化の良い無添加のドッグフードを選んであげるといいでしょう。

 

フレンチブルドッグは歯周病に注意

フレンチブルドッグは歯並びが入り組んでいて複雑なので、口の中に食べかすが残りやすく歯周病のリスクがあります。口の中に食べかすを残してそのままにしていると、食べかすが歯垢になって歯にこびりつきそれが歯周病の原因となっていくので、定期的な歯磨きも必要です。

でもなぜそんなに歯周病のトラブルが多いかというとフレンチブルドッグは短頭種という特徴があり、生まれつき鼻が短く呼吸器の作りが普通の犬とは違うからです。この短頭種という特徴を持つ犬は消化不良になりやすく、ドッグフードを食べてもすぐ吐いてしまうことが多いのです。

フレンチブルドッグはその不細工な顔つきが可愛いことで人気の犬種ではあるのですが、この愛らしい特徴が逆にフレンチブルドッグの健康を損なってしまう原因になっています。ですから消化不良を起こしやすい、また吐きやすいということを踏まえてフレンチブルドッグにあったドッグフードを探してあげることがポイントです。

 

フレンチブルドッグが喜んで食べてくれるおすすめのドッグフード

モグワン

モグワン

ドッグフードを買おうと思った時にこんなにも種類が多いのかと驚いた飼い主さんも多いと思います。そんなたくさんのドッグフードの中から自分の愛犬にぴったりの製品を選ぶのは簡単なことではありません。

添加物がいっぱいのドッグフードは心配。市販のドッグフードあげていると口臭が気になる。ずっと健康でキレイな毛艶でいてほしい。などなど飼い主として考えることはたくさんあります。愛犬が末長く健康で元気でいるために一番大事なのが毎日の食事、つまり安心して与えられるドッグフードがポイントになります。

そこでオススメしたいのがモグワンです。無添加のドッグフードの中でとても人気が高いのがモグワンです。モグワンの特徴はグレインフリー、つまり犬の体にはよくないとされる穀物類が入っていないドッグフード。

安心して与えられる素材だけにこだわるのではなく食いつきのいいドッグフードとして開発されています。93.3%の飼い主さんが今後もモグワンを継続して食べさせたいと答え、97.8%の犬が喜んで食べたドッグフードモグワン。

ヒューマングレードの原材料、つまり人も食べることができる材料だけを使った安心安全の製品で動物性たんぱく質も50%以上配合された高タンパクでグレインフリーのドッグフードです。

 

いま公式サイトからお申し込みをすると最大20%OFFになります!

モグワン 公式サイトはこちら

 

 

カナガン

カナガン ドッグフード

カナガンはイギリスの高級グレインフリードッグフードです。グレインフリーですから犬に良くないとされる穀物類が入っていないドッグフードです。

子犬や小型犬でも安心して食べられる小粒タイプで、高タンパクで低炭水化物野菜やハーブも配合され犬にとってベストな栄養バランス。

FEDIAFという欧州ペットフード工業会連合の厳しい基準を満たした工場で製造されていてナチュラルな原材料だけを使用して徹底した品質管理された安心安全のドッグフードです。

カナガン 公式サイトはこちら

 

アカナ

ドッグフード アカナ

ドッグフードに使用されている原材料のほとんどをカナダで調達して自社工場で製造。そして原材料の産地と生産者の情報も公開している安心のペットフードメーカーです。

アカナは原材料の約60%が鶏肉とカレーそして羊の肉を使用していてカナダの品質検査庁の認定を受けています。

犬に適さないといわれている穀物類を使用しないグルテンフリーなのでアレルギーが起こりにくく犬の消化器官の負担も軽くすることにつながります。また犬にとって重要なビタミンやミネラルの補給のため果物や野菜も使用しています。そしてハーブを使用していることもアカナの特徴です。

ペットフードメーカーの多くは委託工場で製造することが多いのですがアカナはカナダの自社工場でドッグフードを製造しています。原材料は地元の体で冷凍保存されていない、そして保存料も使っていない原材料を新鮮なまま使用していて原材料60%が肉類なので犬の食いつきもよく人気があります。

アカナ 公式サイトはこちら

 

 

まとめ

フレンチブルドッグに人気のドッグフードはコレ!

フレンチブルドッグが起こしやすい体のトラブルを踏まえてドッグフードを紹介してきましたがいかがだったでしょうか。
犬の体はドッグフードなどの食事によって作られるのです。

だからこそドッグフードを簡単に考えずにフレンチブルドッグの体の特徴にあったものを選んであげてください。今まで適当にドッグフードを選んできた飼い主さんも、是非この記事をきっかけにしてフレンチブルドッグが喜んで食べてくれるドッグフードを選んでください。

そして今買っているフレンチブルドッグと少しでも長く楽しい生活ができるように健康管理に気をつけてあげてくださいね。

 

そのほかのおすすめの記事はこちら
こちらも
カメラ付きスマホ遠隔給餌器カリカリマシーンSPがすごい便利!!
スマホで簡単!カメラ付自動給餌器カリカリマシーンSPの価格、使い方

犬や猫などのペットを飼っていると悩んでしまうのが外出するときの餌などのお世話ですよね。 こんなことで困ったりしてませんか? チェック 帰りが遅くなりいつも決まった時間に犬や猫の食事をあげられない・・・ ...

続きを見る

こちらも
犬、猫などのペットの臭い消臭対策
【ノンスペット】犬や猫などの臭い消臭、除菌に効果的!口コミや評判は?

犬や猫などペットを飼っているとだんだんと気になってくるのがペットたちの臭いです。まったく気にならない方もいるかもしれませんが、気にする人にとっては悩みのタネだと思います。 そんな臭いを少しでも対策、消 ...

続きを見る

こちらも
【スマカメ】ペットのお留守番中の見守りカメラ

ペットを一人で飼っている方、家族飼っていても家族全員がお出かけしてしまうときなどあると思います。ペットホテルや誰か知り合いにペットを預けることができれば問題はないですが、一人で飼っている方などはなかな ...

続きを見る

こちらも
犬の年齢と運動について
犬の年齢にあった運動量とは?年齢と適切な運動量と安全なドックフードについて

犬は人間よりもはるかに速いペースで年老いていきます。 年々変化していく犬の心と体の健康を保つためにも散歩や遊びなどの運動や安心安全のグレインフリーなどのドックフードによる食事管理が欠かせませんよね。 ...

続きを見る

こちらも
犬にヨーグルトを食べさせても大丈夫?
犬にヨーグルトを食べさせても大丈夫?効果や注意点をご紹介

ヨーグルトは人間が食べる食品です。 基本的に人間が食べるものを犬にはあたえてはいけないというのは飼い主さんであればご存知だと思います。 でも人間が食べる食品のなかでも犬の体にいい影響がある食品がいくつ ...

続きを見る

 

-ペットフード
-, , ,

Copyright© 犬と猫のあれこれペットショップ , 2020 All Rights Reserved.