犬や猫などペットたちのフードなどを紹介

犬と猫のあれこれペットショップ

ペットフード 犬の病気

安いドッグフードはアレルギーが出る?原因と選ぶポイントをご紹介

更新日:

安いドッグフードはアレルギーが出る?原因と選ぶポイントをご紹介

アレルギーになる犬がいます。
アレルギーの原因のひとつが食生活といわれています。
市販のドッグフードには穀物が入ったものが多いのですが、犬は穀物を上手に消化できないんです。

犬の食物アレルギーはこの穀物も関係しているのではないかと考えられていて、アレルギーの原因になりそうなものを除いたドッグフード、グレインフリーのものや無添加のドックフードも数多く販売されています。

価格も安いものから高価なものまで幅が広く、経済的な面からも安いドッグフードにしたくても、品質的に不安が残ります。
そこで今回は安全でおすすめのアレルギー犬に対応したグレインフリー、無添加、ドッグフードとその価格などについて紹介していきます。

 

安いドックフードでアレルギーがでるならグレインフリー、無添加がおすすめ!

安いドッグフードはアレルギーが出る?原因と選ぶポイントをご紹介

犬は穀物を上手に消化できません。
それが犬の食物アレルギーの原因のひとつではないかと考えられています。
そこで出てきたドッグフードがグレインフリードッグフードです。

 

あわせてこちらの記事もおすすめ

こちらも
犬にもあるアレルギーの症状や予防のお話
犬にもあるアレルギーの症状や予防のお話

人間と同じように犬たちのアレルギーが増えています。 人間のアレルギー症状は、ぜんそく、くしゃみ、皮膚炎などがあり、重症化するとアナフィラキシーショックになる場合もあります。 犬のアレルギーは皮膚炎が多 ...

続きを見る

 

グレインフリー、無添加を知っておこう

犬は穀物を上手に消化できない理由として考えられているのは、犬はもともと肉食動物だったため、肉の消化に適した体のつくりになっていて、穀物には対応していないからといわれています。

グレインフリーは穀物を使用していないドッグフードなので、犬本来の食生活に近いものと考えられています。

愛犬の健康を考えたときに、まず飼い主さんができることは食事の管理です。
できるだけ質の高いドッグフードを食べさせたいと思うのが親心というものですが、グレインフリーのドッグフードは市販の普通のドッグフードに比べると価格が高めのものが多いです。

穀物が消化しにくいために体調不良や食物アレルギーにつながっている可能性があることも明らかになってきていることもあり、日本でもグレインフリーのドッグフードが注目されています。

 

グレインフリードッグフードのメリット

グレインフリードッグフードのメリットは消化しやすいことでしょう。
肉食系の動物である犬は炭水化物を消化する酵素をもっていないため穀物類の消化が上手ではないんです。

グレインフリードッグフードにはこの穀物類が配合されていないので犬の体にやさしいドッグフードといえますね。

 

グレインフリードッグフードのデメリット

犬にとってこれ以上はないドッグフードですが、市販されている一般的なドッグフードよりも価格が高めなのが唯一のデメリットといえます。
市販のドッグフードのように犬を飼うたくさんの飼い主さんが購入するようになれば手頃な価格になるのですがそれはまだ少し先のようです。

 

アレルギー犬でも大丈夫!安全なグレインフリー、無添加ドッグフードを選ぶポイント

グレインフリードッグフードは市販の一般的なドッグフードよりも割高であることはお話しましたが、そのグレインフリードッグフードの中でもブランドによって価格差があります。

割高なグレインフリードッグフードの中でも少しでも安く安全なものを購入するために、ここでは選ぶポイントを紹介したいと思います。

 

添加物をチェック!

グレインフリーよりもまずは添加物のチェックをしましょう。
保存料、酸化防止剤、着色料、香料が無添加になっているかを確認することが大事です。

下記のものがドッグフードに多く使われている一部の添加物の種類です。これらには注意が必要です。

  • 酸化防止剤……BHA・BHT・クエン酸・没食子酸プロピルなど
  • 保存料……ソルビン酸Kなど
  • 着色料……青2・赤102・黄4・黄5・二酸化チタンなど
  • 香料……香料については具体的に成分表記をしていることは少ないです。

 

グレインフリーでも原材料をチェック!

原材料を確認して安全性をチェックしましょう。
グレインフリードッグフードの特長は『タンパク質』の配合割合が多いことです。
ただしこのタンパク質も原材料は何なのかをチェックする必要があります。

成分表示に『肉エキス』『肉パウダー』『ミールミート』の表示がある場合は購入をひかえたほうがいいかもしれません。
これらの表示は食用として使えない肉を再利用している可能性があるからです。

それからグレインフリードッグフードといっても多少の野菜類が含まれる場合もあります。
信頼できるブランドであれば、そこは愛犬と飼い主さんの判断でお試ししてみることをオススメします。

 

コストパフォーマンス

ドッグフードは毎日の食事に欠かせないのでコストは気になるところです。
たとえば同じ品質の材料を使っていても人件費の安い国だとコスパが良くなったりする場合があります。

それからドッグフードの品質基準が厳しい国が原産国だと品質のいいグレインフリードッグフードだと判断できる場合もあります。
ちなみにドッグフードの品質が高い国はイギリスとカナダです。

 

おすすめグレインフリードッグフード

 

 

まとめ

安いドッグフードはアレルギーが出る?原因と選ぶポイントをご紹介

グレインフリードッグフードに切り替えようと思えば、多少のコストアップはさけられません。

ただ今回紹介したように、たくさんのドッグフードブランドがグレインフリードッグフードを販売していますのでその中から品質がよくコスパのいいものを探すといいのではないでしょうか。

基本的にはどこのブランドも品質的には大丈夫なのでは?とも思うのですが、よかったら今回紹介したチェックポイントを参考に愛犬にピッタリのドッグフードを探してみてくださいね。

 

そのほかのおすすめの記事!

こちらも
愛犬のために知っておきたいかかりやすい病気ランキング
愛犬のために知っておきたいかかりやすい病気ランキング

  犬種や年齢や生活習慣そして季節などがキッカケで犬はいろんな病気にかかってしまいます。 また、仔犬、成犬、老犬と世代別でもかかりやすい病気はさまざまです。 どんなことがキッカケでどんな病気 ...

続きを見る

こちらも
見逃さないで!-犬のストレスサイン
犬のストレスサイン!見逃していませんか?原因や症状を解説

犬からのサイン、ちゃんとキャッチしていますか? 犬はうれしいことだけのサインだけじゃなく、イヤなことややめてほしいことを飼い主さんにサインとして送っています。 犬と飼い主さんがこれからもいい関係でいら ...

続きを見る

こちらも
お薬を飲んでくれない犬のための投薬のコツ
お薬を飲んでくれない!犬のための投薬のコツを教えます!

犬の投薬は少しでも犬にイヤな思いをさせてしまうと、絶対に薬を飲んでくれません。 毎回投薬で飼い主さんと犬のバトルになることだってあります。それくらい投薬は大変で困った経験のある飼い主さんも多いと聞きま ...

続きを見る

 

-ペットフード, 犬の病気
-, ,

Copyright© 犬と猫のあれこれペットショップ , 2019 All Rights Reserved.